通貨は、政策などとも関係するため、市場取引されていても、一定の傾向があります。

通貨傾向も理解

通貨傾向も理解

通貨傾向も理解

世界各国には、様々な通貨があります。
日本であれば、円であるように、その国の歴史的経緯などから生み出されたものとなっています。
しかし、各国通貨は、市場で価値付けられなければ、貿易などで利用できません。
もちろん、FXでも交換価値が付かなければ、投資利用できないことになっています。
そういう価値付けをしてるところが、外国為替相場になります。
選ばれた各国の銀行間取引の場であり、専門ディーラーなどが相対取引をしています。
しかし、各国通貨には、政策の影響などがあり、一定の傾向があるようです。
代表的なものとしては、やはり、ドルになるでしょう。
これはアメリカの通貨であり、基軸通貨となっています。
国際取引で多用され、世界第一位の通貨でもあります。
そのため、国際政治などで影響を受けるとも言われています。
次に、ユーロになります。
EUの統一通貨であり、現在、存廃論なども出ているようです。
しかし、国際取引通貨の一つであり、ドルに次ぐ取引量があるようです。
そのためでしょうか?
ドル相場と逆の動きをするようで、ドルに対抗しながらも、ドル救済としての役割も期待されているようです。
三つ目に、ポンドになります。
イギリスの通貨であり、かつての基軸通貨でもあります。
ドルとユーロをつなぐ役割があり、ロンドン市場などでは、一日の取引が頻繁に行われているようです。
このため、値動きの激しさで知られています。
以上、代表的な通貨の傾向ですが、気になるのは、やはり、円高でしょうか?
原因には、いくつか指摘されていますが、ゼロ金利も影響していますが、ドルが弱くなっていることも、原因の一つのようです。
しばらく円高時代が続くものと考えられています。